2011年9月八ヶ岳登山写真集

2011年も長野県松原湖近くにある弓道場の夏季合宿のお手伝いにいきました。合宿が終わってから、4泊5日のキャンプ登山へと旅立ちました。麦草峠まで車で送っていただき、おもむろに北八ヶ岳に向かって歩き始めました。北八ヶ岳には行ったことがなかったので、計画に入れたのです。雨池を通って双子池にまず初日のテントを張りました。翌日は、亀甲池を通って、蓼科山を望みながら蓼科の大滝キャンプ場まで一気に下りました。キャンプ場の管理人さんがとても親切にしてくださいました。後継者が無く、ほとんど赤字覚悟で先代のオーナーから管理を引き継いだそうですが、何と行ったその日が先代のオーナーの命日ということで、呼ばれたような気がしました。近くの蓼科温泉共同浴場で身体を休めた後、Tシャツ一枚で滝の写真を撮っていたのが禍して、風邪を引いてしまいました。しかし、次の日は強行の行程が待っていました。麦草峠まで戻りたかったのですが、直通バスは平日にはなかったため、ピラタスロープウェイまで行き、縞枯山付近まで上がって、麦草峠まで歩きました。そこまでが前半、25キロの荷物とカメラを背負っての行程は、普段なら余力を残せるところですが、風邪のせいで疲労がこたえます。麦草ヒュッテでソバをいただきながら、続けようか、中止にしようか、さんざん迷った挙句、内なるガイダンスに従って、続行することに決めました。後半は、丸山を超え、高見石小屋、中山峠を経て黒百合テント場まで、風邪気味の体調では、すでに限界を超え、気力だけの世界でした。だましだましゆっくりと歩き、縞枯山から中山峠まで7時間もかかって、何とかたどり着いたという感じです。そこまで苦労してまでなぜ黒百合まで行ったのか、自分でも分からなかったのですが、翌朝その謎が解けました。近くの見晴台から見たその朝焼けは、筆舌に尽くしがたく、朝日は神々しい光を放っていました。そして、清々しい気持ちで世界平和と地球の癒しを祈ることができたことに感謝をしました。
最後は、本沢温泉のテント場まで下るのみ。午前中に到着しましたが、体調がやはり優れず、温泉に浸かった後はずっと寝ていました。テント場のすぐちかくに、カモシカの親子が姿を現し、最初は熊かと思って驚きました。
このキャンプ旅行中は、ずっと好天に恵まれ、とてもありがたかったです。驚いたことに、下山したその直後の夕方から雨が降り始めました。
こうして自然に触れ、自然の大切さ、美しさを体感することができるのは、とてもすばらしいことなので、また機会があれば挑戦したいと思います。

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFilipinoFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish