愛と光の時代

フィリピンで人々の生活を見ていると、30年位前の日本に戻ったような錯覚に陥ります。路上で遊ぶ子供たちの姿。それはまさに私が幼い頃体験した光景でした。そこでふと思います。この30年間で一体何が変わったのだろう?
地球は相変わらず自然の恵みと資源、そして人間が肉体を持って学び、経験するための場を提供してくれています。しかし人間は?自分たちの繁栄のみを考えて、森林を破壊し、化石燃料を掘りつくし、必要以上に動植物を摂取し、生態系を壊し続けているではないですか!30年間、母なる地球を痛め続けています。車はいまだにガソリンで走り、生活廃水やゴミで河川や土壌を汚染し続けています。一部の国では原爆実験すら行い、致命的ともいえるダメージを与えてしまっています。地球は今瀕死の状態です。科学が進歩しているですって?便利な世の中になったですって?AT THE COST OF HER PLANETARY LIFE!!
世の中の出来事を「動機」で考えてみましょう。お金があるから動くことが多くないですか?人をコントロールしたいという動機で動いていることが多くないですか?そうした物質的、世俗的思考が優先された結果、とんでもないダメージが地球にもたらされました。しかし、われわれだって進化しているはずです。この過ちに気づき、愛と思いやりが中心の世界をつくろうという動きが出てきています。今できることは小さなことでも、一人一人が意識を変え、生活態度を改めることにより、愛と光の時代を迎えることができるはずです。
心には愛を。魂には光を。
あなたの永遠なる生命が、愛と光に満ち溢れることをお祈りしております。
LOVE & LIGHT

地球の異変

最近起こっている地震、津波、台風、竜巻、洪水、動物たちがもたらす病気などのニュースが頻繁に報道され、それらを観る度に、これからもっと加速するであろうこうした地球の自然治癒の過程があることを知っていながら、まだほんの些細なことしかしていない自分をもどかしく思ってしまいます。
人類は、地球の肺であるアマゾンや森林地帯を破壊し、地球の血液である石油を掘りつくし、必要以上に動植物を摂取し、生態系を完全に壊してしまいました。
人間が熱を出すようにマグマは噴火し、くしゃみをするように竜巻が発生し、鼻水がでるように洪水が起こり、咳が出るように地震が起こります。瀕死の状態になってしまった地球が必死に治癒しようとしている過程です。
我々は、地球を構成する細胞の一つ一つであることを意識して、自らが生命の光となって周りの細胞を活性化させていきましょう。それぞれの役割をもった細胞として光り輝く道を歩む。私たちは同じDNA(魂)でつながっているのです。
このことをできるだけ多くの人に伝えていきたいと切に願います。

お疲れ様でした!

Yさん、Kくん、わざわざフィリピンまで来ていただいてありがとうございました。ルナ先生のセッションや、FATHER FERNANDOのヒーリング、ボラカイ島ダイビングと、盛りだくさんの旅行となりましたね。この経験を、日本での生活にも役立てられるといいですね。Kくん、瞑想してどんどんMASTER KUTHUMIからメッセージをもらってください。それでは今度は日本でお会いしましょう。老子については、下記のページを:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E5%AD%90

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFilipinoFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish