Love & Light – World Peace & Healing The Planet

Category Archives: 環境保護と世界平和

Waste Management for Environment

A MRF (Material Recovery Facility) has been constructed in Barangay Sicat with financial support from RIMM (Rotary International Multinational Manila) in April 2018. The barangay MRF Fund has been established and it collects monthly dues (P1,000 – P2,000) from commercial establishment in barangay Sicat, Alfonso, Cavite. After several months, Alfonso municipal dumpsite was closed down and MENRO (Municipal Environment and Natural Resources Office) has dispatched dump trucks to Laguna dumpsite ever since. As a result, pick up from some barangays were less frequently prioritized and barangay Sicat MRF had accumulated a large volume of garbage inside. AWH vice president Casey Takayama talked with Engineer Malou Tibayan at Alfonso Municipality and … Continue reading

Local Waste Management Meeting

On August 5, 2018 AWH was invited by our newly elected Barangay Captain Arnel Caisip along with Material Recovery Facility (MRF) Board members and other Barangay officials to attend the MRF meeting at the Sicat Barangay hall. Most establishments in our barangay have been paying their monthly MRF dues. The municipal dump truck has been picking up residual wastes at the MRF shed, which has been built with the donations by AWH and RIMM.

Material Recovery Facility (MRF)

Many barangays (local communities/villages) do not comply with laws pertaining to separation/recycling of garbage and not polluting nearby waterways and groundwater with dumped garbage. AWH officials who are mostly members of Rotary Club of Multinational Manila (RIMM) therefore had met with local and City Health official in their community and had proposed a bi-weekly curb-side residual waste pickup brought to a roadside collection site designated by the community for monthly pick-up by the City’s dump truck. Project start-up, first year and creek clean-up financial assistance would be provided by RIMM in addition to the money collected from 12 commercial facilities including AWH. However, the project started on the wrong foot … Continue reading

廃食油で燃料、そしてキャンドル

2008年にディーゼル車を改造し、使用済みの天ぷら油が燃料として使えるようになってから、はや5年の月日がたちました。いまだにこのバイオ・カーは走っております。 http://www.awhfoundation.org/picture_library/biofuel/0804Conversion/index-j.html 中古で購入した1984年のメルセデス・ベンツ300SDで、もう30年前のモデルになります。エアコンやタイヤ、サンルーフなど、メンテナンスは大変ですが、廃食油を使っていることによるトラブルはそれほどありません。 日本食レストランから、大豆油の使用済みを購入しておりますが、遠心分離器チェンバー内をクリーニングする際など、どうしても更なる廃棄用油が出てしまいます。この、廃食油の廃棄分ももったいないので、キャンドルにしてみました。日本から油を固める粉を取り寄せて、食紅を入れてたこ糸で芯をつけてできあがりです。フィリピンはまだ停電が多いので、役に立ってくれると思います。

世界平和公園(御殿場)

だいぶ前に登ったことのある箱根の金時山登山に再び挑戦。今回は仙石原の金時神社からのぼり、乙女峠を経て金時神社に戻る行程で、所要時間4時間ほどの楽なコースでした。あいにくの小雨模様でしたが、かえって空気は澄んでいて、芦ノ湖も眺望でき、富士山もかすかにその大きな容姿を覗かせました。登山後は、乳白色の硫黄酸性泉、仙石原温泉で疲れを癒します。 翌日は、御殿場の平和公園を訪れました。入場料は無料で、誰でも入ることが出来ます。バスで乗り付けていた大勢の観光客は、ほとんどが中国や東南アジアの人たちで、日本人はほとんどいませんでした。更に、そこで世界平和を祈っている人たちは皆無に見えました。 何でも、富を得た御殿場出身の方が、私費を投じて建設したとか。ネパールっぽい建物は、その国の方が寄付されたようです。意図がすばらしかったので立ち寄りました。戦没者を弔う寺院なども裏手にあり、多少未浄化霊の気配もありましたが、33観音像などもあり、観光名所としての役割を果たしており、平和的なエネルギーでした。微力ながら、世界平和を祈らせていただきました。合掌。